アリナミン製薬

マイティアアイテクトアルピタット

第2類医薬品
税抜価格
15ml・1400円
■ 効能・効果
花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような目のアレルギー症状の緩和: 目の充血、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、なみだ目、異物感 (コロコロする感じ)
■ 用法・用量
1回1~2滴、1日4回点眼する。2日間使用しても症状の改善がみられない場合には、医師又は薬剤師に相談すること。 (1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。 (2)容器の先を目、まぶた、まつ毛に触れさせないこと(目やにやその他異物等が混入することで、薬液が汚染あるいは混濁することがある)。また、混濁したものは使用しないこと。 (3)コンタクトレンズを装着したまま使用しないこと。 (一旦レンズをはずしてから点眼すること。) (4)点眼用にのみ使用すること。 (5)用法・用量を厳守すること。
■ 成分・分量
1mL中 成分・・・分量 クロモグリク酸ナトリウム・・・10mg クロルフェニラミンマレイン酸塩・・・0.15mg プラノプロフェン・・・0.5mg 添加物:ホウ酸、エデト酸ナトリウム水和物、ジブチルヒドロキシトルエン、ベンザルコニウム塩化物、l-メントール、ポリソルベート80、ホウ砂、pH調節剤
■ 各症状に対する対応レベル目安
結膜充血
目のかすみ
目のかゆみ
目のアレルギー(花粉症等)
アリナミン製薬

マイティアアイテクトアルピタット

第2類医薬品
税抜価格
15ml・1400円
■ 効能・効果
花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような目のアレルギー症状の緩和: 目の充血、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、なみだ目、異物感 (コロコロする感じ)
■ 用法・用量
1回1~2滴、1日4回点眼する。2日間使用しても症状の改善がみられない場合には、医師又は薬剤師に相談すること。 (1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。 (2)容器の先を目、まぶた、まつ毛に触れさせないこと(目やにやその他異物等が混入することで、薬液が汚染あるいは混濁することがある)。また、混濁したものは使用しないこと。 (3)コンタクトレンズを装着したまま使用しないこと。 (一旦レンズをはずしてから点眼すること。) (4)点眼用にのみ使用すること。 (5)用法・用量を厳守すること。
■ 成分・分量
1mL中 成分・・・分量 クロモグリク酸ナトリウム・・・10mg クロルフェニラミンマレイン酸塩・・・0.15mg プラノプロフェン・・・0.5mg 添加物:ホウ酸、エデト酸ナトリウム水和物、ジブチルヒドロキシトルエン、ベンザルコニウム塩化物、l-メントール、ポリソルベート80、ホウ砂、pH調節剤
■ 各症状に対する対応レベル目安
結膜充血
目のかすみ
目のかゆみ
目のアレルギー(花粉症等)
アリナミン製薬

マイティアアイテクトアルピタット

第2類医薬品
税抜価格
15ml・1400円
■ 効能・効果
花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような目のアレルギー症状の緩和: 目の充血、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)、なみだ目、異物感 (コロコロする感じ)
■ 用法・用量
1回1~2滴、1日4回点眼する。2日間使用しても症状の改善がみられない場合には、医師又は薬剤師に相談すること。 (1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。 (2)容器の先を目、まぶた、まつ毛に触れさせないこと(目やにやその他異物等が混入することで、薬液が汚染あるいは混濁することがある)。また、混濁したものは使用しないこと。 (3)コンタクトレンズを装着したまま使用しないこと。 (一旦レンズをはずしてから点眼すること。) (4)点眼用にのみ使用すること。 (5)用法・用量を厳守すること。
■ 成分・分量
1mL中 成分・・・分量 クロモグリク酸ナトリウム・・・10mg クロルフェニラミンマレイン酸塩・・・0.15mg プラノプロフェン・・・0.5mg 添加物:ホウ酸、エデト酸ナトリウム水和物、ジブチルヒドロキシトルエン、ベンザルコニウム塩化物、l-メントール、ポリソルベート80、ホウ砂、pH調節剤
■ 各症状に対する対応レベル目安
結膜充血
目のかすみ
目のかゆみ
目のアレルギー(花粉症等)
花粉などによる目のかゆみ・異物感・充血に
抗アレルギー+ヒスタミン成分配合
つらい目のかゆみに効果的
抗炎症成分プラノプロフェン配合
目の炎症から起こる諸症状を改善
クール感(清涼感)のある
無色~微黄色澄明の目薬
注意すべき主な事項
妊婦授乳婦
車・機械等の運転禁止
緑内障
「禁忌(きんき)」とは「してはいけないこと」を意味し、医薬品を使用するに際し、症状の悪化、副作用・事故等を防ぐために、注意喚起を目的として記載している事項のことで、服用してはいけない人などを記載しています。
「相談事項」とは医薬品を使用するに際し、医師、薬剤師、登録販売者に相談が必要な事項のことです(使用してはいけないと言うことではなく、症状などによっては使用できるので相談する必要があること)。
※上記いずれも代表的な事項のみを示していますので、詳細は添付文書をご確認ください。
■ 禁忌事項リスト
■ 相談事項リスト
■星印の記号について
症状に示した☆記号は、各症状に対する対応レベルの高低の目安を示したものです(★の数が多いほど対応レベルが高い)。成分の効能や成分量等を基に、独自のアルゴリズム(算出方式)によって記号化をしています(当アルゴリズムは特許取得済:第7341418号)。実際の効能・効果は服用する方の体質や体調により異なります。商品選定の参考としてご覧ください。

■市販薬の区分について
●医薬品区分
第1類医薬品
市販薬の中で副作用など安全性上、特に注意を要するものは第1類医薬品として分類されています。販売店では、生活者が薬剤師の説明を聞かずに購入することがないよう、すぐには手の届かない場所に陳列などすることとされ、販売は薬剤師に限られ書面による情報提供が義務付けられています。薬剤師を設置していない販売店もあり、そこでは第1類医薬品は購入できませんので注意してください。
第2類医薬品
副作用など安全性上、注意を要するものは第2類医薬品として分類されており、かぜ薬や解熱鎮痛薬など日常生活で必要性の高い製品が多く含まれます。薬剤師や登録販売者からの情報提供は努力義務となっています。
第❷類医薬品
第2類医薬品の中で、より注意を要するものは指定第2類医薬品として区別されています。
第3類医薬品
第1類医薬品や第2類医薬品に相当するもの以外の一般用医薬品は、第3類医薬品として分類されています。
指定医薬部外品
医薬品の販売規制緩和に伴い、一部の医薬品が指定医薬部外品に移行してきたものです。薬剤師や登録販売者のいる薬局やドラッグストアでしか販売できない医薬品と異なり、コンビニやスーパーでも購入が可能です。

●その他区分
濫用のおそれ
咳止め薬に使用される成分のなかには、長期間使用することで依存が生じやすい成分を含む医薬品を、厚生労働大臣が濫用等のおそれのある医薬品として指定しています。一度に購入できる個数が制限されています。添付文書の用量・用法を守り、使用することが重要です。
その年中に自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族のために12,000円以上の対象医薬品を購入した場合には、「セルフメディケーション税制」を受けることができます。詳細は厚労省のサイト等をご確認ください。
添付文書について
添付文書は効能・効果、用法・用量、使用上の注意など医薬品を正しく使用する上で大切な情報を記載した文書です。添付文書は通常、医薬品に添付(パッケージに内包)されていますが、ドリンク剤等には容器やラベル又は外箱などに表示されています。購入したことがある医薬品でも、新しい情報が追加されていることがありますので、購入するたびに必ず読みましょう。
よくある疑問
該当するカテゴリーの薬で、よくある疑問とそれに対する専門家からの回答を記載していますので、お薬選びの参考にしてください。